読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもうこと ~つれづれ~

よろずのテーマでお送りしております。

<スポンサーリンク> a a

続・たまに振り返る話

前回( 【たまに振り返る話】 )の続き。

 

 

 鬱っぽくなって会社を休んで、休んである間にバイク旅行に行って、バイク旅行から帰ってきて、

 

 

 今のままではダメだ。 

 

 

 と思ったところまで、前回書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 何がダメなのかわからなくて、3ヶ月くらい、再び悶々とする時期が続きました。

 

 

 

 この時期は、相変わらず 笑顔もなく目の焦点が合わないような顔をしていた そうです。(家族談)

 

 ええ、自覚はありません。

 

 

 

 でも、あるときふと、ものすごい恐怖 に襲われたんですね。

 

 

 

 「このままでいいのかなぁ」と思っている自分が、そのまま思い続けて、いつしか、

 

 

 

 「このままでよかったのかなぁ」

 

 

 

 という後悔にすり替わり、

 

 

 

 取り返しのつかない念に囚われたまま、棺桶に横たわる自分が想像できてしまったんです。

 

 

 

 そんな亡き自分を取り囲む人は、本当にやりきれない顔をしているんです。

 

 不幸な人生を哀れんだ顔をしているんです。

 

 

 

 

 叫び出したくなる思いでした。

 

 

 

 

 そして、会社を飛び出す決心をした瞬間でもありました。

 

 

 

 

 年が明けて、家族に打ち明けました。

 

 

 

 

 「今年度を限りに、会社を辞めようと思う」

 

 

 

 

 家族は、やっと決心したか、といった様子でした。「  ´Д`)「  ハニャ?

 

 

 

 

 さらに翌月、当時交際していた現妻にも打ち明けました。

 

 

 

 

 「今年度を限りに、会社を辞めようと思う」

 

 

 

 

 前回書いた通り、驚かれましたが、分かれることなく受け入れてくれました。

 (本当にありがとうございます。どれだけ救いになったことか)

 

 

 

 

 

 近しい人に打ち明けた翌日、上司に申し伝えました。

 

 

 

 

 

 特に引き留めはなく、淡々と手続きが進み、3月末日で退職が確定しました。

 

 

 

 

 

 職場の人から記念品をもらったり、異動前の職場の人から歓送会を開いてもらったり、本当にありがたかったです。

 

 

 

 

 

 

 有給休暇をすべて消化したので、最後の出勤日は3月半ばでした。

 

 

 

 

 

 最後の出勤日は、関係各所に挨拶に回りました。

 

 

 

 

 

 ありがとうございました。

 

 

 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 色々ありすぎましたが、私が社会人としての第一歩を踏み出し、紆余曲折様々に経験させてもらえたのは事実です。

 

 

 

 

 

 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 そして、現在の私に至る。

 

 以上、たまに振り返る話でした。

 

 長文、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代男性日記へ
にほんブログ村

 

 

<AD>